clr_br('')


 上のツイートにある動画を見ると、


 4K/HDR/60FPSが大きく訴求されているのはもちろんだが、

 ひっそり、けれどしっかりと「5.1chサラウンド」であることも述べられている。

 サイトにだってちゃんと書いてある。
 しかも、5.1chであることは、無料のStadia Baseに対するStadia Proの付加価値として明確に位置付けられている。→参照


 さらに、ゲームを遊ぶ環境として「これぞまさしくデスクトップ・ゲームシアター!」というイメージも動画内に登場している。



 はたしてGoogle Stadiaはゲーマーに受け入れられるのか。リアルタイム性が重要なゲームというコンテンツにおいて、「クラウドストリーミング」でどれだけ安定した体験が実現できるのか(遅延とか遅延とか遅延とか)。据え置き機に比べて画質(グラフィックの品質ではなく、映像における表示品質という意味)や音質は据え置き機と比べてどうなのか。等々、気になることは山ほどある。

 しかし、それらはいったん全部横に置いて、明日11/19にサービスが開始されるGoogle Stadiaにひとつだけ言いたいことがある。


 「マルチチャンネル・サラウンドでゲームを遊ぶこと」に価値を認めてくれて、本当にありがとう。



【2019/11/27追記】

 ダメみたいですね……



【コラム】ゲームの音はここが凄い!

【コラム】「マルチチャンネル」と「サラウンド」

【コラム】世界一やさしい「音声仕様」の見方