色々な呼び方があるけれど、ゲームの「音声仕様」「音声形式」「チャンネル数」で成り立っている。
 一言で「サラウンド対応」と言っても内容は様々であり、音声仕様は「どれだけの音がゲームに込められているか」という指標にもなる。


【コラム】「マルチチャンネル」と「サラウンド」

音声形式

ドルビーデジタル(Dolby Digital):それなり

DTS:そこそこ

リニアPCM(Linear PCM):すごい

ドルビーTrueHD(Dolby TrueHD):すごい

DTS-HD Master Audio:すごい

ドルビーアトモス(Dolby Atmos):理想形

DTS:X:理想形


 ここでいきなりマニアックになる必要はなく、まずはこの程度の認識で構わない。

チャンネル数/設置場所

 「チャンネル/Channel」とはつまるところ「スピーカー」のこと。
 たいていの場合、「ch」と略して書かれる。

 チャンネル数は「スピーカー○本ぶんの音を収録している」ということであり、「この作品の音を完全に再生するためにスピーカーが○本必要」ということでもある。
 また、「私のシステムは5.1chです」という風に、再生環境の説明にも使われる。

 ゲーム体験の向上にとって、チャンネル数は音声形式よりもずっと重要


【コラム】ゲームの音はここが凄い!
【コラム】ゲーム会社は「音声仕様」についてどう考えているのか?


2ch:左右のフロントスピーカーで2本。ステレオ。基本形。

2.1ch:2chにサブウーファー(低音専門のスピーカー)を追加。

3ch:2chの中央にセンタースピーカーを追加。声が画面と完全に一致する効果がある。

3.1ch:3chにサブウーファーを追加。

4ch:2chにサラウンドスピーカーを2本追加。この段階でサラウンド感はほぼ完璧

4.1ch:4chにサブウーファーを追加。

5ch:フロント+センター+サラウンドで計5本。

5.1ch:5chにサブウーファーを追加。完成形。

6.1ch:5chにサラウンドバックスピーカーを1本追加。後方の音がさらに充実。

6.1ch’:4.1chにサラウンドバックスピーカーを2本追加。

7.1ch:フロント+センター+サラウンド+サラウンドバック+サブウーファー。

○.2ch:サブウーファーを2本追加。


サブウーファーの置き場所はあまり気にしなくてもいいと言われるが、経験上、なるべく視聴位置より前に置いた方がいい。


7.1ch以上のスピーカー本数を活かすには、AVアンプの側でなんらかの拡張処理を施すか、再生する音声形式がDolby AtmosやDTS:Xである必要がある。


5.1.2ch:5.1chにトップスピーカー(天井に設置)を2本追加。

7.1.4ch:7.1chにトップスピーカーを4本追加。

音声形式×チャンネル数=音声仕様

ドルビーデジタル 2ch:えぇ……

リニアPCM 2ch:スタート地点(CDもリニアPCM 2ch)


ここから「サラウンド音声」


ドルビーデジタル 5.1ch:すごい

DTS 5.1ch:すごい

リニアPCM 5.1ch:すごい!

ドルビーTrueHD 5.1ch:すごい!

DTS-HD Master Audio 5.1:すごい!

リニアPCM 7.1ch:すごい!!

ドルビーTrueHD 7.1ch:すごい!!

DTS-HD Master Audio 7.1:すごい!!


Dolby Atmos/DTS:Xはチャンネル数が定まっておらず、AVアンプの処理能力と実際に設置するスピーカーの本数で多くのバリエーションがある。


ドルビーアトモス 5.1.2ch:よくぞここまで

DTS:X 5.1.2ch:よくぞここまで

ドルビーアトモス 7.1.4ch:ついにこんなところまできてしまったのか

DTS:X 7.1.4ch:ついにこんなところまできてしまったのか

これ以上:どこまでいくんだよ……


ある程度の規模で作られている昨今のゲームの音は、基本的にサラウンドに対応していると考えていい。

まとめ


 ゲームの音声仕様に「5.1ch」と書かれていたら喜ぼう。ゲームシアターの出番だ。

 ただし、たとえ音声仕様が「2ch」だったとしても、音質にこだわったゲームシアターで遊ぶことで、ゲームはもっと面白くなる。