Game Sounds Funのサブタイトルにもなっている「ゲームシアター」とは、「ゲームを楽しむホームシアター」という意味です。


  音楽や映像作品からより深い感動を得たいと思い、
  ゲームを含む様々なコンテンツをもっと楽しみたいと思い、
  画質・音質にこだわって環境構築のために何かしらの投資を行ったなら、
  使っている機材や投資した金額とは関係なく、
  その環境こそが紛れもないホームシアターなのです。
  特定の機材があればホームシアター、無ければホームシアターではない、
  そんな線引きなどありはしません。

  そして、コンテンツは自由。
  オーディオだからといってクラシックやジャズを聴く必要はどこにもなく、
  ホームシアターだからといって映画だけを見る必要もどこにもありません。
  高尚さは要りません。気取る意味もありません。
  何を聴こうが、何を見ようが、何をしようが、楽しむことがすべて。

  「ゲーム×シアター」の楽しさを実感できる環境、
  それこそが「ゲームシアター」です。



 さて、昨今のゲームの映像や音響は目覚ましい進化を遂げています。グラフィックの進化は一目瞭然ですが、「ゲームの音」もまた、飛躍的に進化しているのです。
 ゲームにおけるマルチチャンネル・サラウンドの活用はもはや当たり前で、徹底的に作り込まれた映画音響と遜色ない体験を味わえるタイトルもあります。映像に比べて見落とされがちな「音」にこだわることで、ゲーム体験に巨大な恩恵がもたらされます。


【コラム】ゲームの音はここが凄い!


 しかし現実には、オーディオ機器やホームシアターは得てして「音楽と映画を楽しむもの」というイメージが定着しており、「ゲーム」がコンテンツとして意識されることはほとんどありません。
 そこでGame Sounds Funでは、ゲームを音楽や映画の上に位置付けるためではなく、ホームシアターで楽しむコンテンツとして「ゲーム」を明確に打ち出すために、「ゲームシアター」という言葉を使っています。


 ホームシアターでゲームを遊べば、大好きなゲームがもっと面白くなる。
 Game Sounds Funは様々な視点から、ゲーム×シアターの魅力を伝えていきます。


 より詳しくは「Game Sounds Funの発足にあたって」をご覧ください。